FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツの名シーンの花絨毯

 22, 2018 20:59
晴海アイランドトリトンスクエア。略称トリトンスクエアは、銀座から車でおよそ10分の距離にある、身近でちょっとエキゾチックな雰囲気が味わえるショッピングタウンです。






普段は週末でも観光客の姿は無く、近隣住人がちらほら通るくらいですが、この日はいつになく大勢の人たちで賑わっていました。屋台が軒を連ね、中央のステージでは子供たちの踊りに歓声と拍手が上がります。




楽しそうな親子連れ達の間を潜り抜けて館内に入ると、グランドロビーでは『フラワーカーペット晴海2018』が開催されていました。


2001年に第1回目が開催され、今年で18回目を数えるこのイベントには、毎年それぞれのテーマが決められています。今年のテーマはスポーツ。世界で活躍する選手たちの名シーンが無数の花びらで表現されていました。女子重量挙げの三宅宏実選手に、


競泳の荻野公介選手。




これらの巨大なアートは、全て薔薇とカーネーションの花びら、それに黒い部分には砂を敷き詰めて表現されています。大勢のスタッフ達によって、数日間かけて作られたのだそう。


男子ハンマー投げの室伏広治選手と、




女子卓球の平野美宇選手、


スノーボード平野歩夢選手。因みにこのイベントの会期は4日間で、終了と同時にこれらの作品は全て崩されてしまうらしい。4日間限りの儚いアートだけど、とても綺麗。




時間を忘れて見入っているうちに、外はだいぶ陽が傾いてきていました。


穏やかな晴海からの勝どきの眺め。


帰り道。銀座4丁目の交差点を通り過ぎようとすると、日産のショールームでは懐かしい車が目に入ってきました。


1972年の東京モーターショーに出展された「スカイラインGT-Rレーシングコンセプト」。翌1973年に実戦投入されるために作られたレーシングカーのコンセプトですが、その後押し寄せて来る排ガスや燃費向上の問題から結局陽の目を見ずに終わった「幻のGTR」です。


と、その横には見慣れない車。「GT-R50」の文字と、傍らにはイタルデザインのロゴが見えます。イタルデザインは、ジョルジェット・ジウジアーロによって設立されたイタリアのデザイン会社。


そのイタルデザインの担当者にお話しを聞く事が出来ました。このクルマは、GT-Rとイタルデザイン社がちょうど50周年を迎えるにあたって発表された世界限定50台のカスタムメイドモデルなのだそう。「今ならまだオーダー出来ます」という事なので、参考までに値段を聞くと、1億2000万円…。夢のまた夢かな。「Thank you.」の言葉と笑顔に見送られながら、銀座の街を後にしました。
スポンサーサイト

永田町の風情のある店

 30, 2018 23:41
永田町の黒澤は、故・黒澤明監督の長女、黒澤和子さんのレシピをもとに、黒澤明監督が客人をもてなした料理や、監督が好んだという鹿児島県産の黒豚の料理の数々が味わえる店。首相官邸のすぐ隣りにあり、築60年以上の古民家を改装した店舗は、趣きのあるレトロな雰囲気を醸し出しています。




因みに店舗の内外装は黒澤組の美術スタッフが手掛けたのだそう。あちこちにその拘りが見られます。


店内へと続く廊下は回廊になっていて奥行きがあり、どことなく京町家を思い起こさせます。


元気な頃の黒澤監督の写真と、


額に入れられた黒澤作品の数々。


訪れたのは平日の昼下がり。他に客の姿は無く、ゆったりとした時間が流れていました。


この日は黒豚の丼と冷やし蕎麦の定食。さっぱりとしていながら味わい深く、思わず箸が進みます。温かいご飯と、冷たい蕎麦のコンビネーションは絶妙。ふぅ…。美味しかった。




至福の時間を過ごしたところで店を出て、赤坂方面へと歩きます。


日枝神社の立派な鳥居を通り過ぎると、


自動車事業から撤退し、現在は主にスチール家具の製造を行っている株式会社オカムラのショールーム。ミカサ・ツーリング(1958年)が誰に見られる事もなく、今でもひっそりと置かれてました。


赤坂見附から青山通りへ。2015年から建て替えのため現在休業中の、とらや赤坂店は今年の秋オープンの予定です。


塀には「富士の横雲」や「貴船の奥」と言った、趣きのある名前の京菓子が描かれていました。オープンが楽しみ。


この日は朝から清々しい青空が広がりました。少し足を伸ばして久しぶりに横須賀へ。車で首都高速湾岸線から横浜横須賀道路(通称・横横道路)を経由して、都内から1時間足らずで到着です。JR横須賀駅は、京浜急行の横須賀中央駅に比べてこじんまりとした駅舎。観光客の姿は殆どなく、たまに地元の人や海軍関係者が改札口を抜けていきます。




プラットホームには君津行きの列車が発車時刻を待っています。ローカルな雰囲気に心が和みます。


横須賀はカレーの街なのだそう。ひょうきんなカモメの水兵さんが可愛いい。


駅を出るとすぐにヴェルニー公園が迎えてくれます。ここは入り江になっており、すぐ向かい側には米軍施設や横須賀海軍施設が見えます。




しばらく散策してから今回の一番の目的地に向かいます。よこすか海岸通りは、南国ムード溢れる国道16号線。


間もなく目的地に到着。観音崎公園内にある横須賀美術館では、9月2日まで『三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA』が開催されています。


クスノキの丸太から削り出し、彩色されたという作品たち。リスのような小動物から大きなものまでほぼ原寸大で制作されています。皆とても愛嬌のある表情。




伝説上の動物、一角獣・ユニコーンも。


この人の作品を初めて見たのはもう何年前かな。とても印象的で、一目で三沢厚彦氏の作品だと分かります。




本展では彫刻の他、絵画やドローイングも展示されていました。展示会を堪能した後は、シースルーのエレベーターを使って屋上庭園へ。


背後の森からシームレスに繋がった建物は、眼前に浦賀水道が広がります。彼方には貨物船が静かに水平線を伝って行きます。今まで行った中で、ここは一番好きな美術館。






若林奮の鉄の彫刻『ヴァリーズ』


閉館時間になり、そろそろ帰途に就く事にしました。帰り道。水走海岸に差し掛かる頃には夕陽が美しかった。車を停め、少し浜辺を歩いてみることにしました。潮干狩り場はさすがにこの時間だと誰もいない。


と思いきや、浜辺の海の家では何組かの外国人家族がBBQパーティを楽しんでいました。浜辺で戯れる子供たちも国際色豊か。


穏やかな海へと沈んでゆく太陽の横には、富士山が小さいながらくっきりとシルエットを見せていました。




トワイライトに包まれるよこすか海岸通りと、海に面したスターバックス横須賀シーサイドビレッジ店は抜群のロケーション。今日もよく歩いた…。とっぷりと日が暮れた横須賀の街を後して、都心へと戻りました。




華麗なスーパーリアルの女性たち

 06, 2018 23:40
銀座7丁目、交詢社通りとすずらん通りの交差する角にこじんまりと建つギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)は、好きなギャラリーのひとつ。先日、前を通るといつになく暗くひっそりとしていました。休館かな?と思いつつ入り口のドアを開けてみると、中はネオンが点いた怪しげな空間が…。


いかにもインスタ映えしそうなスペースには、数人の若者がスマホ片手に撮影に興じていました。




何の企画展かと思いながら展示をよく見ると「HARUMI’S SUMMER」のネオンと、見覚えのある懐かしいイラストが並んでいます。


階段を下り地下の展示室へ入ると、そこには懐かしのイラストレーター、山口はるみの作品で埋め尽くされていました。




山口はるみ氏は東京藝術大学を卒業後、西武百貨店宣伝部、ヴィジアルコミュニティセンターを経た後にフリーランスのイラストレーターとなり、1969年にはPARCOのオープンと同時に広告制作に参加されました。「グランバザール」のポスターがとても懐かしい。


スーパーリアルな欧米人風の女性達は「はるみギャルズ」とも呼ばれました。




雑誌「Apache」の表紙。




エアブラシを使用して描かれた作品は、絵というより写真のような雰囲気で、当時は非常に現代的で洗練された印象でした。私も一時期、趣味でいろいろと試してみましたが、0.数ミリという繊細さと全くやり直しの効かない作業に手こずったのをつい先日のように思い出します。


作品を見る事に集中していて暫く気が付かなかったのですが、傍らには山口はるみ氏ご本人がいらっしゃったのはびっくり。清楚な洋服と白いコンバースがとてもお似合いでした。


躊躇いつつも思い切ってお声をかけてみると、私が勝手に想像していたイメージとは異なり、とても気さくでお話し好きな方でした。学生時代の事から制作苦労話まで、いろいろなお話しを伺う事が出来ました。誰からも「はるみさん」の愛称で親しまれるのも頷けます。


興味深いお話しにあっという間に時間が過ぎてしまいます。あまりお引き留めしてもご迷惑なので、そろそろ失礼することにしました。頂いたサインには〝Love and Hug〟のメッセージが…。有り難うございます!

日本一の橋と狸の町

 04, 2018 23:26
6月半ばの週末。前日まで降り続いてた雨もいったん止んで、朝から雲は多いものの、まずまずの天気になりました。そこで久々に東京湾アクアラインを通り、木更津へ行ってみることにしました。

まずは海ほたるPAで小休止。東京湾に浮かぶこの島(木更津人工島)からは、海越しに東京や神奈川県、そして房総までが360度見渡せます。




川崎浮島ジャンクション方向の眺め。真下に東京湾アクアトンネルが通っており、彼方に川崎人工島(風の塔)が見えます。海底道路トンネルとしては世界一の長さを誇ります。




アクアラインが開通したのは1997(平成9)年のこと。それまで神奈川~木更津間の往来に数時間を要していたものが、この道路の完成によって30分足らずと、ずいぶん利便性が良くなりました。木更津金田インターチェンジ方向の眺め。ここからはアクアブリッジとなり、これは日本で一番長い橋梁です。


海ほたるPAを出てアクアブリッジを渡り、10分ほどで千葉県木更津市に到着。


料金所を降りてすぐ、金田の海岸沿いには幾つかの潮干狩り場が点在します。着いた時は既に夕方近かったのですが、まだ何組かの家族連れが、穏やかな波打ち際で潮干狩りを楽しんでいました。


海岸から、いま通ってきたばかりの橋を望みます。まるで地の果てまで続いているかのよう。




全くひと気の無いサーフショップらしき建物。もうすぐやってくる海水浴シーズンともなれば、この辺りは多くの人たちで賑わうんだろうな。


このあと中の島大橋へと向かいます。


地元の人に「赤い橋」として親しまれているこの橋は、下を船が往来出来るように歩道橋としては日本一の高さを誇ります。TVドラマ「木更津キャッツアイ」に登場して人気を集め、その後恋人の聖地にも選定されました。


 

橋の上からの眺め。木更津の町が一望できます。






日の入り時間まで少し余裕があるので、いったん中の島大橋を離れ、木更津駅に行ってみる事にしました。想像してたよりこじんまりした駅舎は、日曜の夕方だと言うのに人影も疎ら。
 

駅前には逆立ちしている狸の像がありました。「逆さ狸 きぬ太くん」というのだそう。後から分かったのですが、有名な童謡「証城寺の狸囃子」は、野口雨情が木更津市を訪れた際、この地にある證誠寺に伝わる狸囃子伝説を元に作詞したという事でした。


あちこちに狸のキャラクターがあったのも、これで納得。


だいぶ陽が落ちてきたところで海辺へと戻りました。


夕陽は中の島大橋へと落ちてゆきます。




誰もいない波止場に一艘の船が近づいてきます。目の前に停泊したかと思うと、竿や釣り道具を抱えた十人前後の釣り人が降りてきました。瞬く間に皆が降りたかと思うと、波止場はまたそれまでの静けさに戻りました。




昼間は穏やかだった海岸も、満潮が近づき堤防間際まで海水が押し寄せています。重く垂れ下がりった雲とのコントラストは、少し神秘的な風景にも見えました。300㎞余りを走破し、この後心地良い疲労感と共に家路へと向かいました。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。