FC2ブログ
都電荒川線の始発停留場である三ノ輪橋停留場は、日光街道から路地を少し入り、梅沢写真会館を潜り抜けた先にひっそりと佇んでいます。


昭和2年築の梅沢写真会館は、かつて都電荒川線の前身である王子電気軌道が入っていたビルで、三ノ輪王電ビルディングと呼ばれていました。一階通路は商店街になっており、正面に駅があります。




「駅」と言うより、どこかの小さな公園のような感じ。切符売り場も無ければ改札口も無く、電車が停まってなければとても駅には見えない。


因みに「関東の駅100選」のひとつで、ちょうど今はバラが見事に咲き揃っています。



青や赤やピンクや黄色と言った、色とりどりの電車が入ってきてはまた出て行きます。


駅をひとしきり見終えたところで乗車。電車は花壇の中を長閑に走ります。


最初に降りたのは荒川二丁目でした。ここには旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設があります。




しかし正門まで行って分かったのですが、見学には事前に予約が必要でした。予約をしていなかった私は仕方なく資料だけでも貰おうと事務所へ行き事情を話したところ、なんとこれから施設を案内して頂けるとの事。意外な展開に心が踊ります。


赤い煉瓦造りの重厚な建物が印象的。大正11年に運転を開始したこの施設は、平成11年に別系統のポンプ施設が完成し現役を引退しましたが、平成19年には我が国最初の近代下水処理場の代表的遺構として、国の重要文化財(建造物)に指定されました。


東・西阻水扉室の中央にある階段を降りて行くと、


東・西沈砂池。




ヘルメットを借りて地下へと進みました。幻想的な世界に胸が高鳴ります。




喞筒井及び喞筒井接続暗渠。暗渠(あんきょ)とは地下に設けた水路の事で、整然と敷き詰められたタイルが独特な雰囲気を醸し出しています。


かつてはここを水が轟々と流れていました。その中を歩いていると思うと、なんだか不思議な気持ち。
 









階段を上がって喞筒室の二階へ。10基のポンプが並び、上部のクレーンには「六トン半」と「東京石川島造船所、大正六年製造」の文字が見てとれます。




  

創業間もない頃のエバラポンプ。


大正11年(1922年)3月に稼働が始まり、平成11年(1999年)に停止するまでの77年間、休む事なく働いたこと施設も、現在はその役目を終え静かに過ごしています。




急な申し入れにも関わらず、親切に対応し案内してくださった方々には本当に感謝しています。また機会があれば次回はゆっくりと見学させて頂きたいと思います。


大きな満足感と共に再び都電荒川線に乗り込みました。

絵馬屋

 26, 2011 17:55
前回紹介した「かどや」の並びにある絵馬屋。絵馬とは神社や寺院でよく見かける、絵が描かれた木の板です。奉納するために神社などで買うことはあっても、店で普通に買えるとは夢にも思っていませんでした。訪れた時はあいにく閉店していて、中に入ることは出来なかったのがちょっと残念・・。横に立っている説明を読むと正式には「千住絵馬屋・吉田家」というそうで、江戸中期から代々絵馬をはじめ地口行灯(じぐちあんどん)や凧などを描いてきた際物問屋(きわものどんや)とのこと。ちなみに現在で8代目で、手書きの絵馬屋は都内にはほとんど見かけない希少な存在ということでした。
絵馬屋

絵馬屋の向かいにある横山家住宅。江戸時代後期の建物です。
横山家

Tag:絵馬屋

槍かけだんご

 25, 2011 22:00
足立区の千住(せんじゅ)は、江戸時代から日光街道と奥羽街道の初宿〈千住宿〉として栄えた町です。江戸の四宿(東海道の品川宿、甲州街道の内藤新宿、中山道の板橋宿、日光・奥羽街道の千住宿)のひとつとして整備されました。北千住駅西口の旧日光街道の宿場通りには、今も昔を忍ばせる情緒があちこちに残っています。
宿場通り

しばらくスイーツ系の話題が続いたので、ここではとりあえずのシメとして和菓子の話題。千住名物が、宿場通りのほとんどはずれにある「かどやの槍かけだんご」です。とても古い店構えは戦後間もなくの創業で、建物自体は明治40年のものだそうです。ちなみに名前は角にあるから「かどや」で、清亮寺の槍かけの松から「槍かけだんご」ということです。
かどや

一本一本を備長炭で焼くだんごは、みたらしだんご「やきだんご」と「あんだんご」の2種類で、どちらも一本90円ナリ。やわらかくて素朴な味でした。
槍かけだんご

Tag:槍かけだんご

謎のレール

 19, 2011 15:00
南千住駅の敷地内に謎のレールを発見しました。
線路幅はかなり狭く、どう見ても一般の電車の線路でないことは
分かるのですが、歩道部分を貫いて数十メーターは続いています。
謎のレール2
いったいなんの線路跡だろうと思って、埋め込まれている
プレートをよく見たら、「Southa Walk」の文字。
なんじゃこりゃ? もしかして「South」の間違いなのでは。。
謎のレール1

Tag:謎のレール

隅田川駅

 18, 2011 21:23
JR南千住駅の真向かいに「隅田川駅」というところがあります。貨物専用の
駅でなので関係者以外は立ち入ることは出来ませんが、柵越しにひろい構内
を見渡すことができます。
隅田川駅1
駅に沿って歩いていくと、一番手前の線路がマンションのショールームらしき
建物によって途切れてしまっています。
隅田川駅2
さらに先へ歩いていくと、かつて線路だったところは駐車場になってて架線
だけが残されてました。
隅田川駅3
後に調べてみたら、セメント工場へと続く線路跡ということでした。
下はもう使われなくなったセメントサイロです。
かつてのセメントサイロ

Tag:隅田川駅

WHAT'S NEW?