FC2ブログ

東京駅から皇居へ

 03, 2016 19:01
9月に入ってからというもの、関東地方は連日雨続きでしたが、久々に晴れ間が広がったとある週末、東京駅周辺を散策しました。

東京駅丸の内舎の保存・復原工事が完成したのは2012年10月で、早いもので丸4年が経ちました。



丸の内駅前広場は2017年春の完成を目指して現在整備中。中央に「都市の広場(仮称)」を、その北側と南側には交通広場が配置されます。御幸通りとの一体性を考慮して白を基調とした御影石塗装とし、皇居前広場へつながる軸線を意識して樹形が美しいケヤキが列植されるとの事。完成が待ち遠しい。

既に運用が開始されてる南部交通広場(写真手前)は、俯瞰で見るとそのユニークな形が良く分かります。(東京中央郵便局 KITTE 屋上庭園より。)

KITTEから皇居方面に大名小路を渡った角に「YELLOW KORNER(イエローコーナー)」はあります。“アートフォトのある暮らし” パリ発の日本第一号店で、期間限定のアンテナショップとして今年4月にオープンしました。



若手から著名作家まで幅広いラインアップのアートフォトを手頃な価格で購入する事が出来、見ているだけでも飽きない。



若かりし頃のマイルス・デイヴィスのポートレート。買おうかなぁ…。



その後ショップを出て御幸通りを歩き、皇居に着いた時に振り返ってみると、東京駅の真上(写真中央)に、奇妙な雲が屋根の上に聳え立つ様な形で生えていました。

爽やかな秋晴れは次第に夕焼けへと変わり、太陽は大きく輝きながら皇居の奥へと沈んでゆきます。





夜のとばりが降りた大手町界隈。皇居側から見る風景は派手な看板やネオンサインが全く無く、大都会の落ち着きすら感じます。私の大好きな景色の一つです。

復元された表玄関

 14, 2012 17:46
久々の更新になりました。
現在、東京駅の丸の内駅舎が改修中なのですが、5年半にも渡る工事も今年の秋には完成ということで、ようやくその姿を表しつつあります。
東京駅1

この駅舎は1914(大正3)年に創建されましたが、1945(昭和20)年の戦災によって大半を焼失し、その数年後、もともと3階建てだったものを2階建ての形で修復されて近年まで使われてきました。写真下が竣工当時のもの。(「東京名所絵葉書」より)
東京駅(昔)

今回の工事では創建時の特徴でもあったドーム形状も復元され、約100年前の姿にようやく戻ります。
東京駅2

青い空に煉瓦色の建物がよく映えて、とても美しかったです。今年の秋の完成が待ち遠しいかも。。
東京駅6

Tag:丸の内駅舎

「低炭素化整備」?

 26, 2011 01:16
銀座から皇居をまわって歩いたんですが、丸の内に着いた頃には空はもう真っ暗。やっぱ皇居は広いわ。。和田倉噴水公園は「皇居外苑照明設備等低炭素化整備」なる計画で、今までのハロゲン照明がすべてLED化されました。従来の照明効果のイメージを極力こわさないように努力され、昼間に太陽光発電で蓄えられた電力で夜間は照明されてるそうです。 皇居から見える建物には、ネオンや看板などがまったく表示されてないのは、逆に「都会」って感じだなぁ。
和田倉噴水公園1

そんな事とは全く関係なく、レストランでは華やかにパーティーが行われていました。でも噴水が止まってたのは、やっぱ寂しいかも。
和田倉噴水公園2

東京銀行協会ビルヂングは大正5年築の建物だそうですが、ファザード保存で表面だけが残されてます。
東京銀行協会ビル

Tag:和田倉噴水公園

東京駅周辺を結ぶ無料バス

 19, 2011 13:14
大手町・丸の内・有楽町を結ぶ巡回バス「丸の内シャトル」は、誰でも無料で気軽に利用することができます。運行時間【平日8:00〜20:00】【土・日・祝祭日10:00〜20:00】で、約12〜15分間隔で運転されています。何気に便利なので、機会があればぜひどーぞ。
丸の内シャトル

Tag:シャトルバス

レプリカのビル

 15, 2011 01:21
明治生命館の、丸の内仲通りを挟んだ向い側にあるのが丸の内ブリックスクエアです。2009年にオープンしたこの施設の中で、ひときわ目を引くのが復元された三菱一号館。もともとは丸の内で最初のオフィスビルとして1894(明治27)年に竣工されたものなのですが、その後の1968(昭和43)年に持ち主の三菱地所は、とつぜん解体の意向を文化財保護委員会に通告しました。委員会から取壊し作業の中止と建物の保存の申し入れがありましたが聞き入れられず、けっきょく強行的に解体されてしまいました。その解体から約40年経った2010年9月、レプリカとして完成したのが三菱一号館館です。
三菱一号館 1

三菱一号館 2

竣工当時のオリジナル。ジョサイア・コンドルの設計になるものです。
三菱一号館 4

中は広場になっていて、大勢の人たちが会話を楽しんでいました。
三菱一号館 3

Tag:三菱一号館

WHAT'S NEW?