FC2ブログ

もみじ寺と竹林

 23, 2011 00:00
右京区にある嵯峨野。これは今回撮った写真ではないのですが、とてもいい場所なのでご紹介させて頂くことにしました。嵐山のもう少し奥、愛宕山の麓に広がる町で、有名な観光名所のひとつにもなっています。
嵯峨野2

嵯峨野4

嵯峨野3

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、嵯峨野のもみじ寺と呼ばれています。
常寂光寺

嵯峨野竹林。ライトアップされる時もあるようですが、訪れた時はひっそりとしていました。
嵯峨野1

京都にはまだまだ訪れたいところが沢山あるのですが、時間の制約があって今回はそろそろ京都を後にすることにしました。次回からは中国地方に移ります。

Tag:嵯峨野

「しんこ」というお菓子

 22, 2011 00:00
祇園四条。四条通りの鴨川を渡ってすぐの場所にある南座。江戸時代(元和年間)から続くとされ、日本では最古の劇場です。遥か遠い昔、私が幼少だった頃に母親に連れられて来た思い出が未だに淡い記録として残っています。(この写真だけが夜景なのはご了承ください。)
南座

その南座のすぐ脇にある祇園万順は、提灯によると創業が文政年間ということで、かなり歴史のあるお店です。因みにこのお店にも水無月の張り紙がありました。旬なお菓子なんですね。
祇園饅頭2

祇園饅頭1

このお店の「しんこ」というお菓子は、五建のういろうと共に私の母親がとても好きなものでした。京都に行った歳には必ずと言っていいほど買って帰りました。「しんこ」と言うと関東では漬物の事を指すけれど、このお菓子だけは未だに他の店では見たことがありません。白と黒、「にっき」と黒糖です。
しんこ

このお店のすぐ前にある「八坂神社参道」の石碑。四条通りが八坂神社の参道だったとは、初めて知ったのですがちょっと意外でした。。
八坂神社参道

少女の守護神の教会

 21, 2011 00:00
上京区の京都御苑のすぐ向かい側にある聖アグネス教会は1898(明治31)年竣工の、煉瓦造りのゴシック様式のとても魅力的な建物で、明治期のキリスト教会堂の特色を伝えています。1985(昭和60)年には、京都市指定有形文化財に指定されました。
聖アグネス教会1

因みに聖アグネスとは、ローマ帝国の禁教時代に13歳という若さで殉教した少女の名で、ローマ執行官の息子からの求婚を拒んだことから裸身で市内を引き回されるも頭髪が伸び身体を覆ったという伝説をもち、少女の守護神とされています。(案内パンフレットより)
聖アグネス教会2

Tag:聖アグネス教会

200年の歴史をもつ油店

 20, 2011 00:00
松林寺のすぐ裏手、文政年間から約200年の歴史を持つ油を専門とする山中油店というお店があります。1855(安政2)年に建てられた店舗は今でも昔の面影を十分過ぎるくらいに残しています。
あるら屋2

あぶら屋3

あぶら屋1

Tag:山中油店

源氏物語の舞台跡

 19, 2011 00:00
上京区の智恵光院通にある松林寺というお寺。ここの境内は、かつて「源氏物語」の舞台となった平安宮内裏(だいり)の東限にあたります。
松林寺1

ここが周辺より一段低くなってるのは、安土桃山時代(1586年)に築かれた聚楽第の南外濠跡だからだそうです、因みに聚楽第(じゅらくだい)とは豊臣秀吉が建てた政庁兼邸宅ですが、竣工後わずか8年で取り壊されたので謎も多く残ってるようです。
松林寺2

松林寺3

Tag:松林寺

WHAT'S NEW?