FC2ブログ

千代田区の桜と芸術たち

 11, 2017 00:48
関東地方は桜の見頃を迎えました。最近は抜けるような青空というのを殆ど見る事は出来ないのですが、取り敢えずは皇居から千鳥ヶ淵の方へ歩いてみる事に。


一時的に晴れ間も見えましたが、その後はまた厚い雲に覆われる事になります。


大手町から気象庁前を通り、九段下方面へ進みます。


平日だと言うのに竹橋から千鳥ヶ淵へと続く道路は大渋滞です。車で来なくて良かった…。


東京国立近代美術館工芸館は旧近衛師団司令部庁舎を保存したもので、国指定有形文化財になっいてる建物はとても趣きがあり、私の好きな美術館のひとつです。所蔵作品展の『動物集合』が開催されていました。






因みに入館料は大人210円で、JAF会員である私は170円で入れました。この値段だと、何回でも気兼ねなく入れます。










大塚茂吉『猫』


高浜かの子『夢の中に遊ぶ』




チュスワフ・ズベル『野獣』


ルネ・ラリックのブローチ二点と、


バーナード・リーチ『蛸図大皿』




個性溢れる動物たちを見ているうちに時間はあっという間に経ち、閉館のアナウンスに急かされます。工芸館を後にしてさくらまつりへと向かいました。


千鳥ヶ淵砲台跡を見ながら、


千鳥ヶ淵さんぽみちを進みます。


休日に溢れんばかりの見物客ですが、この日は平日という事もあってかそれ程の混雑でもありませんでした。本来ならライトアップが始まる時間まで待ちたかったのですが、今にも泣き出しそうな空だったので早々に引き揚げる事にしました。






WHAT'S NEW?