FC2ブログ
12月もあと半月余りになった週末、久しぶりに横浜へ行ってみたくなりました。




いつもの様に中華街でお腹を満たした後に向かった先は山手西洋館でした。25日まで開催されている「世界のクリスマス」は、今年で17回目になります。


スパニッシュスタイルを基調とした三連アーチの玄関が特徴的なベーリック・ホール。現存する戦前の山手西洋館の中で最大規模の建物です。


クワットレフォイルと呼ばれる四つ葉形の窓が可愛い。今年のテーマはベトナムのクリスマスでした。






ベーリック,ホールの隣はエリスマン邸。建物自体はこじんまりとしたものですが、設計は「現代建築の父」と呼ばれたアントニン・レイモンドによるものです。


時間的に余裕があれば7館全てのクリスマスデコレーションを見たかったのですが、夕焼けの時間が迫ってきたので大桟橋に移動する事にしました。昼過ぎまでは雲ひとつ無い青空だったのがその後次第に雲が増え、陽が落ちる頃には一面雲に覆われてしまいました。かろうじて夕陽が沈んでゆくのが見えます。


反対側ではベイブリッジが夕陽に照らされ、白い橋梁全体が鮮やかなオレンジ色に輝いていました。


大桟橋には偶然にも飛鳥 II(あすかツー)が停泊していました。この日本で最大の外航クルーズ船は間近で見ると更に巨大に感じます。




船首の先には富士山も見えていました。寒いながらもその美しい風景に見惚れていたところ、


陽が完全に落ち街に明かりが灯りだした17時前、船とその周囲がだんだん慌ただしくなってきました。2艘のタグボートが寄って来て船内からは出航を知らせる銅鑼が鳴り始め、


野太い汽笛を響き渡らせた後、その優雅な船体はタグボートに寄り添われながらゆっくりと港から離れていきます。


船上デッキで出航を祝うパーティに興じる人、船室のベランダからこちらに向かって静かに手を振る人、それぞれの人のそれぞれの思いを乗せて船は出て行きました。




帰り道。徐々にイルミネーションの色が変わるマリンタワーと、


赤レンガ倉庫のクリスマスイルミネーション。


もうすぐクリスマス。今年もだんだん残り少なくなってゆきます。

WHAT'S NEW?