FC2ブログ
新宿の東口と西口とを繋ぐ重要な道路である新宿跨線橋(国道20号)は、大正14年に架設された古いものでした。その為老朽化や混雑緩和などを目的に、平成11年から架け替え工事が進んでいましたが、17年もの歳月をかけてようやく昨年完成しました。新しくなった新宿跨線橋(中央)と、左手が新宿駅南口、右手が昨年の春にオープンしたバスタ新宿。



バスタ新宿は、1階部分にJR線が走る人工地盤上に、2階は歩行者エリアと駅施設、3階はタクシー乗降場、4階は高速バス乗車場という立体道路の構造であり、3階と4階部分は国道20号の一部という事になっています。それにしてもJR線や車の通行を全く遮断せずに、これだけの施設を完成させた日本の建築技術は、正に驚くべきものです。


横に聳え立つのは地上32階建てのJR新宿ミライナタワー。1~4階は商業施設、5階~32階はオフィスフロアになっています。何よりも驚くのは、このビルディングが線路の上の人工地盤に建っているという事。




2階のペンギン広場。脚の下を絶え間なくJR線が潜り向けて行きます。






4階バス乗降場には全国に向かう高速バスがひっきりなしに入ってきます。


7階の屋上庭園と、


そこから見える新宿高島屋タイムズスクエアとNTTドコモ代々木ビル。新宿駅周辺の景色もどんどんと変わってゆきます。


この後都庁へ向かって歩きます。東京都庁が丸の内から現在の西新宿に移転したのは今から26年前の1991年の事でした。私が初めて新宿の高層ビル群を目にした時、その余りの巨大さに暫し言葉を失ったものです。以来、超高層ビルは各地にどんどんと増えていきますが、今でもこの風景を見ると人間の英知の凄さをつくづく感じます。





東京都庁舎は、第一本庁舎(上)、第二本庁舎(右手)と、都議会議事堂(左手)の三棟からなり、設計は全て旧東京都庁舎と同じく丹下健三によるもの。


普段、都庁には全く用のない私ですが、たまに行く時と言えば展望台に上がる位です。日曜や祭日などは展望台行きのエレベーターにはいつも長蛇の列が出来ているのですが、この日は平日の昼間と言う事もあって、殆ど待たずに入る事が出来ました。因みに展望台は第一本庁舎の北と南の2ヶ所があり、この日に上がったのは南展望台でした。


分速240mの専用エレベーターは、1階から45階までを55秒で一気に駆け上がります。
地上202mからの眺め。都内をほぼ360度見渡す事が出来ます。左手は新宿御苑、中央には新宿パークタワー、右手には東京オペラシティが。
 

最近『視程』という気象予報用語が気になります。水平にどれだけの距離を見渡せるかをkmで表したもので、スマホの毎日の天気予報で調べる事が出来ます。空気の澄み渡った日だと都内でも50kmはあるのですが、最近は平均15km前後、雨の日だと5km以下とめっきり短くなってしまいました。流石にこの日も富士山の姿を全く拝むことは出来なかった。曇り空の景色というのも、また趣きがあってなかなかいいものですが…。


帰りは思い出横丁にちょっと寄り道。ここには今でも昭和の良き風情が残ります。


WHAT'S NEW?