FC2ブログ

海、空、太陽、月、富士

 23, 2017 23:50
12月に入り、関東地方は晴天が続いています。雲ひとつない青空の下、今回は江ノ島へと車を走らせました。


イルキャンティ ビーチェは、海の見える明るいレストラン。散策の前に、まずは腹ごしらえ、




空腹を満たしたところで海岸へ。海と戯れる子供達。太陽が眩い。




江ノ島漁港は江ノ島のすぐ脇にあるこじんまりとした漁港です。数隻の漁船が静かに停泊していました。


海岸から江ノ島灯台へ移動します。


江ノ島灯台(江ノ島シーキャンドル)は、日本初の民間灯台で、江ノ島電鉄開業100周年を記念して2003年に完全しました。


エレベーターで展望台へ。エレベーターはシースルーになっており、見る見るうちに上がっていきます。灯の高さは60mと、それほどの高さではないものの、やはり高台からの眺めは絶景です。


パノラマを楽しんでいくうちに、やがて日が暮れ始めます。太陽は、海へと静かに沈んでいきました。


陽が完全に落ちても富士のシルエットと夕空のグラデーションが美しい。手前の江ノ島の町にも次第に明かりが灯っていきます。


反対側では大きな月が徐々に登っていくところでした。この日はちょうど今年最大のスーパームーンの日。江ノ島大橋の先にはムーンロードも江ノ島へと繋がっていました。自然が演出する束の間のショーは、息を飲むほど美しかった。


午後5時。カウントダウンと共に一斉にイルミネーションが点灯し、煌びやかな江ノ島へと変わります。




『湘南の宝石』と呼ばれるこのイルミネーションは、今年で18回目を迎える光のフェスティバル。


サムエル・コッキング苑全体は、鮮やかな光の絨毯で覆われていました。




帰り道。小田急の片瀬江ノ島駅も鮮やかにライトアップされていました。竜宮城をイメージしたユニークなこの駅舎も、2020年のオリンピックに向けて建て替えられるのだそう。どんな駅舎になるのかが楽しみだけど、見慣れたこの駅舎が無くなるのは少し残念な気もします。

WHAT'S NEW?