FC2ブログ

天王洲・恋するイタリア

 03, 2018 00:10
4月も後半に差し掛かった週末、天王洲でイタリアフェスタが開催されているのを知り、久しぶりに行ってみることにしました。

この日は穏やかな陽気の散歩日和。天王洲に車を停め、ボンドストリートまで歩きます。フランス語で「顔料」を意味する『PIGMENT(ピグモン)』は、寺田倉庫が運営する画材店。洗練された店舗の内外装のデザインは、建築家・隈研吾が手掛けたのだそう。店内に入ると、顔料のみならずあらゆる画材が広い店内に所狭しとと並んでいました。








PIGMENTを出てキャナルサイドへ向かいます。途中、ボンドストリートの入り口の壁面に、一人でコツコツと壁画を制作中の女性が。




声をかけてみると制作の手を止め、いろいろと話しを伺う事が出来ました。keeenue(キーニュ)さんは台湾のアーティストで、3日間かけてこの絵を完成させるのだそう。ポップで独特の色使いが印象的だけど、約1ヶ月後に消えてしまうのがとても残念。


やがてキャナルサイドに到着。ここでは青空の下、大勢の人たちが祭りを楽しんでいました。


『イタリア・アモーレ・ミオ!』と題されたこの催しは、今年で3回目となる日本最大級のイタリアンフェスで、ラグジュアリーブランドからストリートフードまで、様々なイタリアンを楽しめます。








もちろんイタリアを代表する名車の数々が並びます。モトグッチ V7 III レーサー。絶対性能から言うと、遥かに超える日本車も数多くあるけれど、この個性は誰にも真似できない。


ランボルギーニ アヴェンタドール。


歩き疲れたので木陰の席で小休止。穏やかで陽気な雰囲気に包まれているうち、ふと本場のイタリアへ行ってみたくなりました。


WHAT'S NEW?