FC2ブログ

木場・あたらしくなった美術館

 22, 2019 13:30
江東区・木場公園にある東京都現代美術館は、2016年5月から大規模な改修工事のため休館中でしたが、ようやく工期を終え約3年ぶりに帰ってきました。


大胆なデザインの建物は、有楽町マリオンと同じく柳澤孝彦の設計によるもの。私が初めてこの美術館に来たのは、17年前の2002年(平成14年)の事でした。




リチャード・ディーコン『カタツムリのようにB』も健在。数年ぶりの再会です。


今回のリニューアルで館内・館外のサインが一新され、パブリックスペースの整備が行われました。あちこちに配置されたコルクの椅子が新鮮で、温かくも感じます。




館内には地下1階のレストラン『100本のスプーン』と、2階には『二階のサンドイッチ』というカフェ&ラウンジがあります。




その名の通り『二階のサンドイッチ』でランチ。柔らかな日差しを浴びながら食べるサンドイッチはとても美味しい。


お腹も満足したところで散策再開。現在、企画展の『百年の編み手たち –流動する日本の近代美術–』と、コレクション展『MOTコレクション ただいま/はじめまして』が開催されています。


企画展。1910年代から現代に至るまでの、日本の近現代美術史のなかの重要な位置を占める作品群が、3フロアの展示室全体に展示されていました。








今回の3年間に及ぶ改修期間中に、約400点の収蔵品が新たに加わったのだそう。コレクション展ではその新収蔵作品を中心に展示されていました。




展覧会を観終わり展示室を出ると突然現れる、アルナルド・ポモドーロ『太陽のジャイロスコープ』。直径約4メートル、重量約5トンの超大型の彫刻作品は、以前はエントランス近くの屋外に展示されていましたが、今回の改修工事により改めて屋内に展示されることになりました。


展覧会を見終えると、空は既に暗くなり始めていました。「間も無く閉館」のアナウンスに急かされながら外へと出ます。


夕焼けに照らされ、鮮やかな琥珀色に輝く建物が美しい。




全ての展示を観たら流石に足が疲れた…。快い疲労感とともに美術館を後にしました。

WHAT'S NEW?