FC2ブログ

伝統と革新・新旧を代表する英国車たち

 27, 2019 00:11
アレック・イシゴニス率いるBMC(ブリティッシュ モーター コーポレーション)の開発チームによって、初代MINIが誕生したのは1959年のこと。以来40年以上に渡って生産され続けた後、2001年にはBWMに引き継がれNEW MINIへとなり、今年で誕生60周年を迎えました。その誕生60周年を記念するイベント第2弾が、六本木・東京ミッドタウンで7月20日と21日の両日開催されました。


MINI 60 Years Edition。鮮やかなブリティッシュ・レーシング・グリーンにフラットブラックのストライプ、ペッパーホワイトのルーフが英国車らしいインパクトを与えます。


傍らでは美しくレストアされたオリジナル・ミニが愛嬌を振りまいていました。その背後のパーティションには、アレック・イシゴニスが彼のスケッチブックの中に描いたミニのイメージスケッチ。


白いボディをキャンバスに3人のアーティストが彩っていく、MINI ART BATONプロジェクトがクライマックスを迎えていました。




因みに使われている塗料は、1SHOT(ワンショット)というMADE IN USAのピンストライプ用のエナメル系ペイントで、専門家の間では定評があるのだそう。


ただでさえ可愛いMINIが、3人のアーティストによって、さらにキュートなアートMINIへと仕上げられていきます。


左はスウェーデン出身のLetterboy (Peter)氏、中央がこのプロジェクトのスタート役となったボブファンデーションの朝倉洋美さん、右はアートディレクターでありイラストレーターでもあるジェリー鵜飼氏のスリーショット。和やかな雰囲気の中、作業は着々と進んでいきました。


アトリウムへ移動すると、90年代にポール・スミスとコラボレーションしてワンオフで作られたマルチストライプMINIもディスプレイされていました。この車とは上野の森美術館で開催された、ポール・スミス展以来3年ぶりの再会になりました。




この後ミッドタウンを離れ、アストンマーティン青山ハウスへと向かいました。ミニが英国を代表する大衆車であるのに対し、アストンマーティンは紛うこと無き英国を代表する高級スポーツカー。設立は1913年と、100年以上の歴史を持ちます。


モダンな階段を上がると、1965年にデビューしたDB6が優雅な姿で佇んでいました。


前モデルであるDB5との相違点は、バンパーがセパレートになったほか、後部のデザインが大きく異なります。因みにモデル名にもなっている「DB」はデイヴィッド・ブラウンの頭文字で、この後経営から外れたために20数年に渡って名前を消すことになります。




フロントフェンダーに設けられた横長のエアアウトレットは、現代まで受け継がれるアストンの伝統。その下には、いかにも控えめに添えられた〝DB6〟のエンブレムが。


このリアデザインがDB6の最大の特徴。


ロングノーズから緩やかなルーフラインへと続き、その後コーダ トロンカと呼ばれるスパッと切り落とされたテールエンドで収束します。奇をてらうことのない伸びやかなフォルムは息を飲むほど美しい。


脇に並べられたヴァンテージGT3。半世紀の歳月は、テクノロジーをかくも進化させます。




4.0リッター・ツインターボチャージドV8の心臓を持つ最新型ヴァンテージ。




帰ろうと思い、青山ハウスを出るとスターバックスの横にはDB2の姿が。実車を見るのはおそらくこれが初めて。まさに英国車に浸った一日でした。

WHAT'S NEW?