FC2ブログ

創業1805年の「くず餅」屋

 16, 2011 00:40
亀戸天神の入口脇にある船橋屋は、創業が1805(文化2)年の、くず餅とあんみつが有名なお店です。初代が千葉県北部の出身なことから船橋屋と名付けられ、当時の下総国は良質な小麦の産地であったことから、その粉をせいろで蒸して作り上げた餅がまたたく間に参拝客の間で広がって、いつしか「くず餅」の名が付いたそうな。
船橋屋

そのくず餅。小麦のでんぷんを450日間発酵熟成したものを蒸し上げています。ちなみに添加物を使用してないので、二日間しか日持ちしません。ちなみに、きな粉も黒蜜もこの店のオリジナル。素朴ながら味わい深いものでした。
船橋屋くず餅
関連記事

Tag:くず餅

COMMENT 4

相子  2011, 06. 16 [Thu] 17:20

良いですね

若い時には何となくもの足りない感じでしたが、今は本当に美味しく頂けます。
日持ちがしなくても本物は嬉しいですね。

Edit | Reply | 

へちまタワシ  2011, 06. 16 [Thu] 23:16

No title

ここがくず餅の元祖なんですか!?しかも本物は2日間しか日持ちしない・・・何だか面白いですね。またひとつ覚えました。ありがとうございました。

Edit | Reply | 

くあどり  2011, 06. 17 [Fri] 00:30

くず餅

相子さん、こんにちは。

そうなんです。
私も以前はそれほど好みではなかったんですが、
最近はたまに無性に食べたくなることがあります。
素朴なものほど奥が深いということなんでしょうか。。

Edit | Reply | 

くあどり  2011, 06. 17 [Fri] 00:40

くず餅

へちまタワシさん、こんにちは。

くず餅は昔からのお菓子だとは分かっていましたが、
200年以上前からあったとは、私もちょっとビックリ
でした。

それにしても450日もかかって作ったお菓子の食べ頃が、
たった2日というのは呆気ないですよね・・(^_^;)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?