FC2ブログ

神戸・海と山と太陽と~最終回

 13, 2016 16:25
今回の旅もいよいよ終盤へ。有馬温泉を後にして神戸空港に向かいます。これから飛行機で帰途に、という訳ではなく、空港近くでレンタカーを予約してあったので受け取り、次の目的地である淡路島へと走らせました。

この日の天気予報は雨。昼間を過ぎたあたりから空は次第に暗雲が立ち込めてきました。ひとまず車を停めたのは兵庫県立舞子公園です。この辺り一帯は古くは舞子の浜と呼ばれ、須磨の浜と並ぶ名所で、歌川広重の「播磨舞子の浜」としても描かれています。現在では人口の浜となってしまいましたが、此処から明石海峡大橋の雄大な姿を臨む事が出来ます。因みにこの明石海峡大橋は神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋を結ぶ自動車道で、全長3911mの世界最長の吊り橋です。ギネス世界記録にも認定された吊り橋は、間近で見ると流石に巨大。





このあと車で明石海峡大橋を渡る頃には小雨がパラつき始めてきました。なんとかもう少し天気が持ち堪えてくれるといいのだけど…。



そして車は淡路島へ。私が淡路島の地を踏むのは恐らく今回が始めて。淡路島サービスエリアからは対岸に本州も望めます。

この後更に車を走らせること約20分、ようやく今回の旅行の最終目的地である淡路夢舞台に到着しました。この淡路夢舞台は、元々は関西国際空港などの大阪湾を埋め立てる為に土砂を採取した跡地でした。その一度人間が壊した自然の環境を本来の姿に戻し、さまざまな植物と動物と人間が共生できる空間を創造するという目的で2000年の3月に完成した複合文化リゾートであり、建築家・安藤忠雄の代表作でもあります。

百段苑。一区画4.5平方メートルの花壇が100区画、山の斜面に沿って連なっており、四季折々のキク科の植物が鑑賞出来ます。



楕円フォーラムに、



貝の浜。豊かな水をたたえた約1万平方メートルの敷地内には100万枚の帆立貝が1枚ずつ手作業で敷き詰められました。



斜面の上からは大阪湾も一望出来ます。時折雨にも降られましたが、なんとか予定していた場所は全て見る事が出来て良かった。広大な敷地内には他にも野外劇場や植物園などもあるのですが、帰りの飛行機の搭乗時間がそろそろ近づいてきたので後ろ髪を引かれながら再び空港へ。



レンタカーを返却する少し前から激しい土砂降りになりましたが、なんとか無事に到着し、ホッとしたのも束の間でした。

予約してあったANAの神戸空港発の最終便は、大雨の影響で1時間遅れになるとの事。自分の携帯電話にその知らせを伝えるメールが入ってたのですが、確認していなかった事にこの時始めて気付きました。この後の天気次第では欠航の恐れもあるとのアナウンスが流れ、この後2時間余りを待合ロビーでやきもきしながら過ごす事になります。結果的には悪天候の中、飛行機は予定より1時間遅れで出発したのですが、こんな事ならいっそ欠航になってくれれば神戸にもう一泊できたのに…(笑)

結局自宅に辿り着いたのは深夜1時過ぎ。今回もあちこち回って少々慌ただしいものでしたが、また思い出に残る楽しい旅行になりました。
関連記事

COMMENT 4

相子  2016, 06. 20 [Mon] 09:52

くあどりさん 今日は
全く知らない風景 嬉しく拝見しました。
このような旅は矢張り準備をきちんとなさっているからでしょうね。
とても大事なことだと改めて感じさせて頂きました。
家周りで過ごしている私。教えて頂き、とても嬉しく感謝をしております。

Edit | Reply | 

くあどり  2016, 06. 20 [Mon] 21:21

Re:

相子様。こんばんは。
私は旅に出るとつい欲が出てしまい、時間の許す限りあれやこれやと見て回りたくなってしまいます。なので旅行に行く際の一番の必需品は、長時間歩いても疲れない靴なんですよ。旅行の醍醐味は、行く前の計画から始まっているのかも知れませんね。いつもコメント有り難うございます。

Edit | Reply | 

jyouganji  2016, 06. 21 [Tue] 20:07

淡路島が新しい!

くあどり様 こんばんは☆
最終目的地は淡路島。想定外でした。しかも、コンクリートの建物・芸術があることにもびっくり。緑色の大きな島。人形浄瑠璃・広大な玉ねぎ畑・・・、そんなイメージしかもっていなかった私が田舎者でした。それにしても、空港でのハプニング、お疲れ様でした。旅が、より色濃くなった気がします。すごく楽しい旅をさせていただきありがとうございました。次回は、海の日あたりかな?(^^♪

Edit | Reply | 

くあどり  2016, 06. 21 [Tue] 22:30

jyouganjiさん、こんばんはー。
そうなんですよ。私もごく最近まで淡路島に対するイメージは、jyouganjiさんと同じような感じでした。実は洲本辺りまで足を伸ばしたかったのですが、時間の制約があって断念せざるを得ませんでした。始めて行ってみるといろいろな発見がありますよね。旅行の最後にとんだハプニングがありましたが、仰るように更にいい思い出になりました。次の旅行はいつになる事か分かりませんが、また気の赴くままに何処かへ行きたいと思っています。いつもコメント本当に有り難うございます!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?