FC2ブログ

都会の中のオアシス

 11, 2016 20:37
私は普段あまり池袋方面に行く事は無いのですが、以前からずっと気になっていた有名な建築物を見たくなり、久々に行ってみる事にしました。

東口はまだしも、西口はほぼ未踏の地。駅前から移動するに連れて方向感覚も次第に曖昧になってきます。



 
地図を頼りに歩いてやっと辿り着いたのは、アメリカの名建築家フランク・ロイド・ライトとその弟子、遠藤新の設計に依り1921年(大正10年)に建てられた自由学園明日(みょうにち)館。



当日は結婚式が行われていた為残念ながら館内には入れず、外観のみの見学になってしまいましたが、重要文化財に指定されている建物は95年も前に建てられたとは信じられないほど瀟洒なものでした。フランク・ロイド・ライトと言えば近代建築の三大巨匠とも言われ、日本の帝国ホテルの設計者としても知られています。その帝国ホテル ライト館は現在、愛知県犬山市の明治村に移築されていますが、直線的な幾何学模様を基にしたデザインは、一目でそれと分かる独特であり重厚なものでした。







都会の喧騒の中にひっそり佇んでいるこの明日館は、安堵感さえ感じました。都会の中のオアシスと言った感じで、これからも大事に保存していって欲しいものです。

隣接する婦人の友社。ここもとても趣きのある建物でした。
関連記事

COMMENT 4

jyouganji  2016, 07. 18 [Mon] 19:44

いずれは世界遺産

くあどり様 こんばんは☆
3連休は地元旅で過ごされたのですね。素敵な旅、ありがとうございます♪
ちょうど、世界遺産に決定したり、朝ドラが暮らしの手帳?とかをモデルにしている話だったり、旅先がその二つに重なって興味津々でした。おかげで、いつものありふれた日常生活3連休でしたが、満足満足です。連休気分を味わわせてくださり、ありがとうございました(^^♪

Edit | Reply | 

相子  2016, 07. 18 [Mon] 21:37

くあどりさん  今晩は
何と懐かしい。私は大学に入学して直ぐは雑司ヶ谷の叔母の所に下宿していました。
雑司ヶ谷から池袋までは焼野原。瓦礫の中を西口まで良く歩きました。
近所に自由学園があり、ここも良く通りました。
これもまた大神宮と同じで入ったことがなく、残念なことになっています。
雑司ヶ谷では柳原白蓮女史が散歩する姿を時々眺めたものです。
今日は詳しく教えて頂き有難うございました。

Edit | Reply | 

-  2016, 07. 18 [Mon] 22:58

jyougaanjiさん、こんばんは。
そうなんですよ。三連休は遠くに行かずに近場を散策してました。
国立西洋美術館が世界遺産に登録されましたね! 珍し物好きの私にとっては行きたい場所が数えきれません。 
そちらは梅雨が明けたようですね。 いつもコメント、こちらこそどうも有り難うございますー!

Edit | Reply | 

-  2016, 07. 18 [Mon] 23:47

相子様。こんばんは。
雑司ヶ谷に下宿されてたんですか。昔と景色はさずかし変わったでしょうが、狭く曲がりくねった路地などは昔を思い起こさせますね。都電荒川線沿線にもまだまだ行きたい場所が沢山あって、興味が尽きません。
いつもコメント有り難うございます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?