FC2ブログ

白秋を癒した海と山~その2

 27, 2016 23:51
『城ヶ島の雨』は多くの歌手によって歌われたそうですが私は聴いた事がなく、その題名から想像される叙情的な雰囲気を味わえるかと思い、城ヶ島へと向かいました。

城ヶ島大橋の真下にある「城ヶ島の雨」の歌碑と白秋記念館。歌碑の周りは砂浜になっており沢山の海水浴客で賑わっていましたが、振り返る人は皆無でした。





その後、車を停めて徒歩で島の反対側に行ってみる事に。容赦無く照り付ける太陽がとても眩しく暑かった。





南から吹く海風がとても強く、殆どの樹木は北側に傾いて生えています。なんだか平衡感覚がおかしくなりそう。

汗だくになりながらハイキングコースを歩き続けました。毎度の事ですが、興味を惹く場所があると、ついついこの目で確かめたくなってしまいます。

白秋記念館のある穏やかな北岸とは全く景色の異なる南岸。三浦半島の南端に位置する赤羽根崎は、太平洋に面しており自然の姿がそのまま残っています。

ハイキングコースの先は険しい岩場でしたが更に先を目指します。岩には人の背よりも大きな波が豪快に打ち付けていました。



そしてようやく辿り着いた目的の場所は赤羽根崎の突端、侵食によって岩が刳り貫かれた「馬の背洞門」でした。





空と海の他に何も視野に入らない大自然の景色は、ただただ見惚れるばかりでした。本当は太平洋に沈む夕陽を見たかったのだけど、日没まで数時間もあるので残念ながら諦め、来た道を戻る事にしました。



帰り道。横須賀から追浜(おっぱま)を過ぎた辺りに金沢八景という場所があります。金沢の八つの勝景を当てはめたもので、その中の一つが夕照橋(ゆうしょうはし)。私の好きな場所のひとつなのですが、歌川広重も描いたこの場所からの眺めはとても美しく、この日は遠方に富士山も望めました。





歌川広重の野島夕照(のじまのせきしょう)

美味しいものを食べて美しい景色を観て、身も心も満たされたところで家路を急ぎました。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。それにしてもよく歩いた…。
関連記事

COMMENT 4

相子  2016, 08. 28 [Sun] 19:18

くあどりさん 今晩は
城ヶ島と言いますと、行ったこともないのに、分かっているような気分になる所です。歌は難しいです。
こんなに様々な風景を見せて呉れるのですね。海の景色の好きな私にはとても嬉しいことです。馬の背洞門の不思議さ。風に傾く松の木。夕景に迫る波に色。月も見えますね。どれも心を慰めて下さいます。
有難うございます。

Edit | Reply | 

くあどり  2016, 08. 29 [Mon] 01:36

相子様。こんばんは。
私も城ヶ島へ今回初めて渡ったんですよ。
それにしても同じ島内でもあれだけ景色が違うのはとても意外でした。

相子様も海の景色がお好きなんですね。
自然の雄大さが実感出来る所なので、私も大好きなんですよー。
次は何処へ行こうかと思案中です。

いつも心が籠るコメント、本当に有り難うございます。

Edit | Reply | 

jyouganji  2016, 08. 29 [Mon] 07:42

ありがとうございます

くあどり様 おはようございます☁
台風10号を感じる嫌な風の朝です。
たくさん歩いてくださってありがとうございました。おかげで、またまた素晴らしい景色の中へ誘っていただきました。半島の突端からの眺めは地球を感じ、迫力があります。
近くでいうと、常神半島があります。また、「馬の背洞門」に似てる「胡蝶門」が敦賀の向こうにあります。日本海に沈む夕日もそれなりにきれいです。でも、太平洋側の景色に憧れてしまいます。富士山もあるし。海には果てしない広があるし・・・。居ながらにしてまた、得しました。いつもほんとにありがとうございます(^^♪

Edit | Reply | 

くあどり  2016, 08. 29 [Mon] 22:22

こちらこそ!

jyouganjiさん、こんばんは。
日本海はいいですね。綺麗な水と荒々しい波、私はその風景に憧れます。
敦賀港がとても懐かしいです。列車火災の大惨事で上部が黒く焦げてしまった北陸トンネルはまだあるのでしょうか。常神半島にも行ってみたいです。
行きたい場所にはまだまだ沢山あります。いつも丁寧なコメント本当に有り難うございます。
明日の昼頃に台風10号がこちらに上陸するとの予報です。大した事が無ければいいんですけどねー。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?