FC2ブログ

一夜限りのアートの饗宴

 15, 2017 19:31
六本木の街を舞台にした、一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト」が、今年も9月30日から10月1日にかけて開催されました。2009年にスタートし、今年で8回目を数えるこの祭典は、六本木地区の主な文化施設や公共スペースで開かれます。


まずは国立新美術館へ。フィリピンを拠点に活動するアーティスト集団「ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ」の代表作である巨人彫刻「ヒガンデス」が迎えてくれます。


前庭は風ぐるまの花畑が満開でした。メインプログラムの蜷川実花「Tokyo Followers 1」。時おり風が吹いて風ぐるまが回りだすと、周りから歓喜の声が上がります。


国立新美術館から東京ミッドタウンへ移動します。これも蜷川実花「Tokyo Followers 1」。


鮮烈な色彩の蜷川実花ワールドが広がります。


今年、開業10周年を迎える東京ミッドタウンを記念して、芝生広場には「アーク・ノヴァ(ARK NOVA)」と呼ばれる移動式コンサートホールが堂々と構えています。


ラテン語で「新しい方舟」を意味する「アーク・ノヴァ」は、スイスの音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」が東日本大震災の復興支援のために企画し、建築家の磯崎新と英国人彫刻家のアニッシュ・カブーアによって制作された移動式コンサートホール。


厚さ1mm未満のPVCコーティングポリエステル繊維で出来た巨大な風船は、約2時間の送風でドームとして立ち上がります。その独特な構造と形状は照明されると更に強調され、まるで艶かしい有機体のようにも目に映ります。


六本木交差点の時計塔は、山本洋子(バルーンランド)によって鮮やかに彩られ、


ラピロス六本木の前では、都市と人間性をテーマに描き続けてきたアーティスト・石井七歩による参加型ライブ・ペインティングが行われていました。


東京ミッドタウンから次は六本木ヒルズへ。ノースタワー前の「国立奥多摩美術館 24時間人間時計~アジア編」。人が時計の針となる 24時間人間時計が行われていました。






大屋根プラザで行われたサントリーウイスキー「響」ART OF BLENDING。貯蔵庫に眠る数十万樽にも及ぶ原酒の中から厳選してブレンドされたグラスが整然と並びます。






そして、いよいよクライマックス。


特設ステージで行われていたのは、街頭音楽チンドン楽団・ジンタらムータのファイルライブでした。高速で変拍子のリズムは、エキサイティングでありながらどこか懐かしい。


観客達はその熱の籠った演奏に引き込まれていきます。




こぐれみわぞう氏は、1997年からチンドン太鼓を演奏しているベテランアーティスト。ジャンルを問わない陽気でダンサブルな演奏に、会場内で大喝采を浴びていました。今回のアートナイトのフィナーレを飾るに相応しいものでした。ふぅ、楽しかった…。来年もまた来ようっと。


帰り道。国立新美術館の前を通ってみると、風車たちはネオンによって彩られていました。
関連記事

COMMENT 2

相子  2017, 10. 15 [Sun] 23:11

くあどりさん 今晩は
こんな刺激的な展示には驚きでもありますが、世の中には素晴らしい仕事をなさって居る方が多いことに感動しております。私には全く想像を超えています。

今国立新美術館では安藤元雄氏の作品が展示されているそうですね。
歩けない老人の悲哀はこういう時に感じますね。

Edit | Reply | 

くあどり  2017, 10. 17 [Tue] 00:09

相子様。こんばんは。
様々な世界には様々なプロフェッショナルがいるものですね
仰る通り、私の想像を超えて、ただただ感心するばかりです。技術の進歩にも目を見張るものがありますよね、

そうなんです。現在、国立新美術館では開館10周年を記念して、安藤忠雄展が開かれているんですよ。ちょうど今日観に行ってきたところなんですが、館外には安藤忠雄の作品「光の教会」のレプリカが展示されていましたよ。雨の中をずぶ濡れになって観てきました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?