FC2ブログ

永田町の風情のある店

 30, 2018 23:41
永田町の黒澤は、故・黒澤明監督の長女、黒澤和子さんのレシピをもとに、黒澤明監督が客人をもてなした料理や、監督が好んだという鹿児島県産の黒豚の料理の数々が味わえる店。首相官邸のすぐ隣りにあり、築60年以上の古民家を改装した店舗は、趣きのあるレトロな雰囲気を醸し出しています。




因みに店舗の内外装は黒澤組の美術スタッフが手掛けたのだそう。あちこちにその拘りが見られます。


店内へと続く廊下は回廊になっていて奥行きがあり、どことなく京町家を思い起こさせます。


元気な頃の黒澤監督の写真と、


額に入れられた黒澤作品の数々。


訪れたのは平日の昼下がり。他に客の姿は無く、ゆったりとした時間が流れていました。


この日は黒豚の丼と冷やし蕎麦の定食。さっぱりとしていながら味わい深く、思わず箸が進みます。温かいご飯と、冷たい蕎麦のコンビネーションは絶妙。ふぅ…。美味しかった。




至福の時間を過ごしたところで店を出て、赤坂方面へと歩きます。


日枝神社の立派な鳥居を通り過ぎると、


自動車事業から撤退し、現在は主にスチール家具の製造を行っている株式会社オカムラのショールーム。ミカサ・ツーリング(1958年)が誰に見られる事もなく、今でもひっそりと置かれてました。


赤坂見附から青山通りへ。2015年から建て替えのため現在休業中の、とらや赤坂店は今年の秋オープンの予定です。


塀には「富士の横雲」や「貴船の奥」と言った、趣きのある名前の京菓子が描かれていました。オープンが楽しみ。


関連記事

COMMENT 1

相子  2018, 10. 25 [Thu] 17:33

くあどりさん ご無沙汰していました。
流石ですね。私には縁がない場所ですが、良い雰囲気ですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?