FC2ブログ

舞浜・音と光と水のページェント[後編]

 09, 2018 01:25
夜の帳が下り、パークはしっとりとした雰囲気に包まれます。夜空に浮かび上がるシンデレラ城は、どことなく神秘的。


これから始まるナイトタイムスペクタキュラーをベストポジションで観ようと、プラザ(広場)正面へと移動しました。


周りのライトが消え、いよいよ『Celebrate! Tokyo Disneyland』の始まり。シンデレラ城は魔法にかかり、夢と魔法の王国を巡る旅です。シンデレラ城は全面が鮮やかなプロジェクションマッピングに包まれました。


大音響と共に映し出されるマッピングは次々と変わり、光線が夜空いっぱいに広がります。こういう情景は映画のシーンで観た事はあったけど、まさか現実に見れるものとは思わなかった…。






シンフォニーに合わせてプロジェクションマッピングを始め、レーザービーム、パイロ(花火)、彩られた噴水、それに炎など、考え得る限りの空間演出が見事なまでにシンクロされていきます。












20分間のショーはあっという間に終演を迎え、シンデレラ城は再び静けさを取り戻しました。実際に見るまで半信半疑だったけど、これほど壮大なスケールだとは…。


興奮さめやらないままプラザを離れ、次のアトラクションへ移動します。イッツ・ア・スモールワールドは今年、開演以来初となるリニューアルを受けてオープンしました。




ボートに乗って、世界一周の旅へ出かけます。


アーティスト、メアリー・ブレアは様々なディズニー作品の制作に携わりましたが、なかでもイッツ・ア・スモールワールドのコンセプトアートは代表的なものです。その世界観は、女性ならではの優しい色使いがとても印象的。


“世界で一番幸せな船旅”を楽しんだ後は、再びトゥモローランドへ向かいました。


スティッチ・エンカウンターに、スペース・マウンテンと、童心に戻って楽しんいると、いつしか夜も更け10時前。




「間もなく閉園」のアナウンスがパークに流れます。今日は密度の濃い一日だったな…。余韻に浸りながらTDLを後にしました。




関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?