FC2ブログ

レトロな水郷のまち・さわら

 16, 2019 23:52
3月も半ばに差し掛かった週末。天気予報では午後から雨という事だけど、なんとか持ち堪えそうな感じ。久々に佐原へと車を走らせました。


まずは腹ごしらえ。古家がお洒落なイタリアンレストラン「ワーズワース」にも惹かれたのだけど、


やはりこの店の蕎麦かな。小堀屋本店は、1900年(明治33年)築の有形文化財です。




江戸時代から受け継がれる秘伝の昆布を使った黒切りそばは、滑らかな食感が美味です。以前この店に来たのはもう30年まえ。久しぶりに食べるそばはとても味わい深かった。


お腹を満たしたところで散策開始。正面は1914年(大正3年)築の三菱館。


小野川に架る忠敬橋は、佐原の街並みのほぼ真ん中に位置しており、古い街並みを見渡すことができます。


小江戸さわら船めぐりと、左手の建物が伊能忠敬旧宅。忠敬が1795年(寛政7年)、50歳で江戸へ移るまでの30数年をここで過ごしました。



「じゃあじゃあ橋」の愛称で親しまれている樋橋。もともと江戸時代は農業用水を送るための樋(とよ)で、溢れ出た水が小野川に落ちるときの音からこう呼ばれているのだそう。因みに日本の音100選にも選ばれています。


日本テレビ「東京バンドワゴン」の舞台になった「珈琲 遅歩庵いのう」には、今でも看板が掲げてありました。


古民家を改造したお洒落な店も、あちこち見られるます。




風情のある街並みを抜けて香取神宮へ。




着いたのは午後5時過ぎ。山道の土産屋はすでに店仕舞いを済ませ、ひっそりとしていました。




山道正面の朱塗りの大鳥居をくぐり、





楼門を抜けると、やがて本殿が見えてきます。


1700年(元禄13年)徳川幕府によって造営され、昭和52年には国の重要文化財として指定されています。黒漆に金色と極彩色で彩られているのは見事な美しさでした。見惚れているうちに周囲は暮れ始め、そろそろ帰途につくことにしました。天気のいい日にまた来ようっと。


関連記事

COMMENT 2

市場のお姉さん  2019, 04. 17 [Wed] 17:39

くあどりさん、この間はコメントありがとうございました。
また、やる気が出ました!

「じゃあじゃあ橋」は、面白い名前ですね。
私は、そんな擬音語が子供の頃から大好きです。
でも、船は通れませんね。
古い街並みに白鳥が、映えますね!

jyougangさんは、
1ヶ月くらい前に突然来られて、
もう終わりだから、捨てる前に皆で分けて!と、
ネギを1人一抱えくらいずつ頂きました。
それ以来、見ていませんが、多分元気ハツラツです。

Edit | Reply | 

くあどり  2019, 04. 17 [Wed] 23:23

お姉さん、こんばんは。
さわらの町は、20数年ぶりに行ったんですが、本当に懐かしくて楽しかったです。それぞれの町や村には、それぞれの表情がありますよね。
jyouganjiさんもお元気で何よりです。明るい笑顔が想像できそうです。
いつもコメント、本当に有り難うございますー!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?